スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 AF-回 罵声-回

●言論統制進む世の中

◆日本国憲法第12条で「第12条この憲法が国民に保障する自由及び権利は、
国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。」と定められている。それは言論の自由、投票の自由などを含むあらゆる自由と権利に定められたものである。

◆信じられないことが起きた。ダ●人間生活協同組合(ttp://homepage1.nifty.com/ima-dame/)において投票結果が故意に改ざんされ、TDN氏に集まっていた票が削除されたばかりか項目からTDNが消え、同時にTNOKもイサキも消えたのだ。

◆たしかにTDNへの投票にも問題はあった。同12条には「国民はこれを濫用してはならないのであって、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。」という文言があるとおり悪ふざけをして、濫用に近い状態に陥っていた。しかしそれでも中には純粋な気持ちでTDNに投票した人もいるだろう。

◆ダメ人間協同組合の管理人氏は掲示板で「個人名・TDN・tanisige不可」を明言した。それは公共の福祉に反するという理由なのだろうが、自分の思い通りの結果にならなかったがゆえにそういうルールに変更したようにも見える。

◆だが二次元だけでなく三次元の特定個人に萌える人がいるということを無視してはならない。個人がダメというがたとえば浅田真央という項目が存在していたらどうするつもりだったのか。ご存知の通り浅田真央は一般に人気の高い女性であり、票が集まってもおかしくない。そうなっていたときに名が消されていたとは考えずらい。個人名がダメというのは単なる言い訳ではないのだろうか。

◆確かに個人サイトである以上、ある程度結果が管理者の思い通りになってほしいという気持ちは理解できる。それならば「汚いコメントだなぁ」であるとか「個人名禁止」などの醜い言い訳でなくいっそのこと「管理人が気に入ったキャラでなければ消します」ぐらいの潔さが必要だったのではないか。だが、どちらにしろ「世論調査」などと言えるものではないのは確かである。世論調査を名乗るのならば認めたくない結果も認める尻の穴の大きさが必要だろう。
スポンサーサイト

2006年05月25日 射説 AF0回 罵声0回

谷岡論

◆谷岡はベンツの釜を掘ったと主張している。しかしちょっと待って欲しい。ベンツの釜を掘ったと主張するには早計に過ぎないか。

◆谷岡の真摯な姿勢が、今ひとつ伝わってこない。

◆例えば三浦からは四つんばいになるから免許返してくださいと主張するような声もある。

◆このような声に谷岡は謙虚に耳を傾けるべきではないか▲

◆思い出してほしい、過去にも何度も谷岡は三浦の叫びを無視している。

◆谷岡は三浦の四つんばいになるから免許返してくださいという主張を間違いであるかのような発言をして、批判を浴びた。

2006年05月18日 射説 AF0回 罵声0回

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。