スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 AF-回 罵声-回

TDN、3回5安打2失点1三振。防御率11.20

現地時間4日、ラスベガス戦で5回3番手で登板したTDNはいきなりの三振スタートに始まり三者凡退と好調な立ち上がりを見せたが、「汚い(球の)回転だなあ」と罵られながら、7回内野安打3本を含む四連打をぶっかけられ、腹筋軋ませながら2失点して悶えた。これで防御率は11.20となった。
スポンサーサイト

2006年06月05日 スポッ!ーツ AF0回 罵声0回

多田野、登録メンバー復帰

故障者リスト入りしてた3Aサクラメントの多田野数人投手が出場登録メンバーに復帰した。

06/03/2006 ADD RHP Kazuhito Tadano Disabled List

ソース
http://rivercats.com/team/transaction/

【MiLB】多田野、故障者リストから出場選手登録に復帰
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1149380575/

2006年06月04日 スポッ!ーツ AF0回 罵声0回

谷岡新聞GI予想「*はインセンティブガイ」

その瞬間、香港代表のせん馬に電流が走ったといわれている。
ある馬の調教がテレビ画面に映し出されるや、飼い葉を食べるのをやめて「あの素敵な馬は誰なんだ!?」「日本の京王杯スプリングカップ2着らしいわ」「オゥ! インセンティブガイ!」という驚嘆の声が上がったとか。

あるせん馬A(チャンピオンズマイル連覇)が香港でのインセンティブ人気急騰の実態を次のように明かす。「ブラウン管にインセンティブが映るたびにせん馬たちは画面にくぎ付けさ。インセンティブの写真が掲載された地元紙のチェックも欠かせない状態だ。客との間でも“インセンティブを見たかい?”があいさつになっているほどだ」

香港関係者をもうならせたインセンティブガイに注目したい。相手はオレハマッテルゼと香港代表3頭、ハアッートトリック。

2006年06月03日 スポッ!ーツ AF0回 罵声0回

【MiLB】多田野、1Aで調整登板 3回を投げて3安打1失点

Kazuhito Tadano made his Ports debut.Tadano was acquired by the A's this past offseason after spending most of his careerwith the Cleveland Indians. Tadano tossed three innings andallowed one run on three hits while walking one and striking out two.

多田野はポーツで初登板。
アスレチックスは今オフシーズン、彼をインディアンスから獲得した。
多田野は3イニングを投げ、2三振を奪い3安打1四球1失点だった。

ソース
http://www.oursportscentral.com/services/releases/?id=3319072

【Pitching】
Pitchers POS IP  H  R ER BB SO HR ERA

Tadano  P  3.0  3  1  1  1  2  0  3.00

http://www.stocktonports.com/team/stats/index.php?autoload=boxscore&gid=2006_05_30_sjgafa_stoafa_1&sportcode=afa

2006年06月01日 スポッ!ーツ AF0回 罵声0回

【MiLB/アッー!】「アッー!」「ンギモッヂイイ!」多田野は谷岡と体をぶつけ合い、大坊は波多野を…

【MiLB/アッー!】「アッー!」「ンギモッヂイイ!」多田野は谷岡と体をぶつけ合い、大坊は波多野を…
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1148808576/


【サッカー/日本代表】「クリアァー!」「キーパァー!」中澤は巻と体をぶつけ合い、遠藤は駒野を…

ジーコ・ジャパン本番モード!いきなりガチンコ練習敢行!

サッカー日本代表・W杯直前合宿(27日、ドイツ・ボン)本番モードだ。
W杯開催地のドイツに上陸した日本代表は、午前と午後の2部練習を実施。
ジーコ監督(53)は午前の最初の練習で、いきなりセットプレーに対する
守備練習を命じた。ジーコ・ジャパンが合宿初練習で戦術的メニューを敢行
するのは異例。本番が近づいていることを、いやがうえにも感じさせた。

冷たい空気と重苦しい曇り空が、緊張感を高ぶらせる。
ドイツ合宿は最初のタームで、いきなり戦術練習が敢行された。

「クリアァー!」

「キーパァー!」

GK川口やDF宮本が声を響かせ、DF中沢は相手FW巻と体をぶつけ合う。
ジーコ・ジャパンの移動翌日午前の練習といえば、
フィジカルメニューだけというのが通例だが、この日は違った。

~略~

この間すべて、中沢は巻のマンマークに終始。
「一番でかい人に? イヤでもつかなきゃいけない」と中沢。
豪州の絶対的エースFWビドゥカ(ミドルスブラ)は1メートル88の巨漢。
日本代表FW最長身1メートル84の巻を“仮想ビドゥカ”に見立てて、
追いかけ回した。
「いきなりセットとは思わなかった」。
3バックの右で先発組に入ったDF坪井も目を丸くした。
開幕が迫ることを実感せずにはいられない最終合宿の幕開けとなった。


【W杯名言・迷言】

◆練習前の円陣で笑いが…。その理由を問われたMF遠藤(G大阪)
「駒野をいじって笑いが起きただけです。ま、ベタな笑いです」

記事全文はソースにて
http://www.sanspo.com/soccer/top/st200605/st2006052802.html

2006年05月29日 スポッ!ーツ AF0回 罵声0回

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。