スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 AF-回 罵声-回

淫サイダアッー!取引で逮捕の多田野容疑者の会見

--車に乗った経緯について教えて欲しい
サッカー部同期のHTN(38)=証取法違反で公判中=から「あずま寿司(株の大量買い占め)行きましょうよ」と言われ、机に頭をつけて協力を依頼された経緯に触れ、担当検事から「この言葉を聞いちゃったんでしょう」などと違法性を追及されたという。「(聞いただけでもインサイダー取引なのか真夏の夜に)悩み、何回も考えた」。揺れ動く複雑な胸中を語った

--四つん這いになった理由は?
「谷岡さんの言う通り、それも(自動車追突事故の)構成要件の一つだと思った。プロ中のプロとしては『これはミスがある』と認めようと。そうしないと自分の生き方に反する。私の人生で初めて闘うのをやめた」。

--TDNスレ乱立については?
私は発展場の中で「プロ中のプロ」と自認しているが、ミステイクはある。認識が甘かった。調書のその部分についてサインした。(5%以上買い集める準備というHTN被告の発言を)聞いちゃってる。反省する必要がある。起訴されることは、ほぼ間違いない。罪を犯してしまったことは申し訳ない。
スポンサーサイト

2006年06月05日 経済 AF0回 罵声0回

下北の名店 ◆azumaGzbYA氏、当紙に広告掲載か!?

29日23時51分ごろ、【アッー!】TDNのガイドライン マ17ーリーグ http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/gline/1148659517/であった>>893獲得競争において、下北の名店 ◆azumaGzbYA氏が当紙に広告掲載の意思があることを明かした。
当該スレの>>888で、下北の名店 ◆azumaGzbYA氏は「谷岡新聞に広告だそうかなぁ」とコメント。みごと>>888を獲得したところからかなり本気なのではないかとみられる。

2006年05月30日 経済 AF0回 罵声0回

凶悪AVにニュー大坊 1.2センチ長く、強度も改良

大坊の肉棒が、11月から変わる。現在のものより1.2センチ長い6.5センチになり、強度も改良された。増加するAV出演などに対応するためで、25日のCOAT穴安委員会で関係規則の改正が承認された。

ケツ擦庁によると、新しい肉棒は従来と同じ真性包皮余剰性。グリップの材質を改良するなどし、握った時に剥けにくくした。全体的に太くなって強度が増したという。

ケツ擦庁によると、撮影などの際、ネコがタチに抵抗するケースが近年増加。大腸菌を持つ相手にしゃぶり合う場面も多く、一線を超えた競演者から「(短くて)相手と69がやりにくい」などと肉棒の改良を求める声が出ていた。
(極道通信)

2006年05月25日 経済 AF0回 罵声0回

グリーン物流事業に香川県内で初の認定

 四国運輸局と四国経済産業局は十九日、二酸化炭素(CO2)削減に効果の高い物流事業を支援する国の二〇〇六年度グリーン物流パートナーシップ推進事業に、香川県内から四国自動車部品商会(高松市)などが手掛ける物流センター集約化計画が認定されたと発表した。〇五年度に始まった同推進事業で、四国の計画が認定を受けたのは初めて。

 同推進事業は京都議定書の発効を受けて、荷主や運送業者が一体となったCO2削減対策を支援するのが狙い。国土交通省、経済産業省などが〇四年末に設立したグリーン物流パートナーシップ会議が支援事業を認定し、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)が助成する。

 香川県内の物流センター集約化計画には、四国自動車部品商会のほか、自動車部品製造販売のSPK(大阪市)、エンパイヤ自動車(東京)、辰巳屋興業(名古屋市)など香川県外五社の高松営業所が参画。

 本年度内に高松中央インターチェンジ付近に大型物流センターを建設し、六社が県内に持つ八物流拠点を集約して効率化を図る。事業費は約六千三百万円で、NEDOは新倉庫の整備などに二千万円を助成する。

 配送は赤帽ATG急行(香川県高松市)とオートウエーブ(香川県丸亀市)が担当する。試算では、集約化によって運送距離を年間約二十九万キロ短縮。軽油使用量も約二万三千リットル削減でき、CO2排出量が21%減少するという。
 今回は全国で四十件を認定。香川県関係では、近畿圏からの提案で、タダノとジャンボフェリー(神戸市)などが計画する輸出向け大型クレーンの新輸送モデルも認定を受けた

2006年05月20日 経済 AF0回 罵声0回

経済同友会と香大ビジネススクールが協定

香川経済同友会と香川大大学院地域マネジメント研究科(香川大ビジネススクール)は十八日、地域の課題について共同して調査研究を推進するための連携協力協定を締結した。団塊世代の大量退職など具体的なテーマを取り上げ、解決につながるような提言や調査をまとめることで地域振興への貢献を目指す。

 連携により、経済同友会は行政への提言活動の土台となる調査や分析に関して研究科から協力を得る。研究科は経済界の問題提起や意見を教員や学生の研究活動に生かしたり、アンケートなどに同友会のネットワークを利用できる。

 第一弾のテーマに予定しているのが二〇〇七年に大量退職が始まる団塊の世代で、地域経済社会の影響、交流人口や定住人口の増加を図る施策の調査を行う。このほか、道州制や中心市街地活性化が候補で、具体的な進め方は定期的に開く連絡協議会で決める。

 この日は高松市幸町の香川大で調印式があり、多田野栄代表幹事と井原理代研究科長が協定書に署名。多田野代表幹事は「人口減少社会に対応した地域経済の発展や人材育成は喫緊の課題であり使命。連携協力で成果を生みたい」と語り、井原研究科長は「産学で地域の課題に実効ある解決策を見いだしたい」と抱負を述べた。

2006年05月19日 経済 AF0回 罵声0回

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。