スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 AF-回 罵声-回

六尺喫茶で性差別解消を 寿司職人 匿名 世田谷区 32歳

最近、メイド喫茶なるものが流行していると聞きます。ウェートレスの若い女性が召使いの衣装で男性客に甲斐甲斐しく奉仕するものだそうです。男性が女性をかしづかせるという構図は、性差別に満ちた前近代的な価値観を反映しているようで、好ましくないと感じます。私は、男性従業員が男性客に奉仕する喫茶店を普及させるべきだと考えます。例えば、六尺ふんどしだけを身に付けたたくましいウェイターが男性客に渋茶や焼きおにぎりを運んでくる六尺喫茶があってもよいのではないでしょうか。六尺ふんどしが、旧態然とした男女観を打破するシンボルとなることを願って止みません。
スポンサーサイト

2006年05月11日 「声」 AF0回 罵声1回

コメント

ゆりちゃんがにゃんにゃんしていくよ☆ 227

2006年05月25日 URL ゆりちゃんの乙女心ブログ #EBUSheBA 編集


罵りながら弄る







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://tnoknews.blog67.fc2.com/tb.php/6-7e6c1952

トップページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。