スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 AF-回 罵声-回

サブちゃん神宮花火で「雄祭り」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060529-00000088-nks-ent

 芸道45周年を迎えた演歌歌手北島三郎(69)が、8月16日に東京・神宮球場で“男祭り”を行う。当日開催される「2006神宮外苑花火大会」(日刊スポーツ新聞社主催)に特別ゲストとして参加するもので、山本譲二(56)小金沢昇司(47)和田青児(36)北山たけし(32)といった北島ファミリーの男性陣が勢ぞろいで熱唱する。真夏の夜空に咲く1万発との共演に北島は、花火に負けない「演歌の『華と心』を咲かせたい」と張り切っている。
 半世紀近くも芸道一筋に歩んできた北島が、豪華花火とのコラボレーションという新境地を開く。墨田川、東京湾と並んで東京3大花火大会と称される「神宮花火」を舞台に、男の祭りをテーマにした演歌の華を4人の「息子」とともに咲かせる。
 北島は常々、花火に男のロマンを感じてきた。「ほんの一瞬の美しさのために、生命をかける花火師魂の表れだから」と、花火師の生きざまが、芸道に命を懸けてきた自身に相通じるというのだ。「芸道45周年という大きな節目に、これまで培ってきた歌魂を皆さんに見ていただきたい、聞いていただきたいという思いでいっぱいです」と、かつて経験のない花火大会での熱唱を決意した。
 ベテランの山本、小金沢、長い付き人生活から芽を出した和田、昨年末紅白初出場で自信を付けた北山ら、多忙なファミリーが同じ舞台に上がるのは珍しい。それだけに、男衆5人が集合するのは特別な意味がある。「わが北島ファミリーで『男の祭り』をテーマに、花火と同じように、いや、それ以上に演歌の大きな『華と心』を咲かせたい」と、1万発の花火をライバルにして華を競う。1+4=5ではなく、6にも10にもなる結束力も見どころの1つになる。
 10月に古希を迎える北島だが、精力的な活動が続く。舞台は昨年に続いて東京、名古屋、大阪、博多の4大都市公演を実施。CDは年内にシングル曲6枚の発売を予定。主演映画「兄弟仁義」シリーズ9作品もDVD化された。節目の年について「45周年は通過点。これからも焦らず止まらず、この道を一生懸命に歩いていく。それが自分の天命だから」と語っていた。79日後に迫った8月16日が新たな通過点となる。
(日刊スポーツ) - 5月29日10時15分更新
スポンサーサイト

2006年05月29日 ゲイ能・文化 AF0回 罵声0回

コメント


罵りながら弄る







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://tnoknews.blog67.fc2.com/tb.php/61-bde75457

トップページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。