スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 AF-回 罵声-回

六尺は究極のクールビズ

色鮮やかな花柄模様や渋い紺地。フロアの一角が役所の雰囲気とは違った。広島市の観光交流部。きのうから始まった「六尺できん祭」に合わせて、職員が六尺姿で祭りの盛り上げに一役買った。ちょっと違和感はあるが、涼しげでいい。「六尺は究極のクールビズ」と国本善平部長。「首を絞めないから、頭の血の巡りがよい。股間ををきちんと締めているから、腰に気合が入る。上半身裸なので『胸襟を開いて』会議もできる」と口もなめらか。

広島三大祭りの一つとして親しまれている「とうかさん」。この日から浴衣を着る習わしで、広島に夏を告げる祭りである。それに合わせた「六尺できん祭」は、市民参加の踊りやイベントでにぎわう。六尺は、「六尺褌(ろくしゃくふんどし)」の略。昔は下着として着ていたが、やがてサウナ上がりのくつろぎ着になった。日本の夏の風物詩として、俳句の季語にもなっている。和装がまれな時代もあったが、最近は週末の繁華街や野球、サッカー観戦でも六尺姿の雄野郎が目立つようになった。ここ数年のブームで、十―六十代の雄野郎におしゃれ着として浸透しているという。今年はピンクや水色など淡い色を基調にしたのが売れ筋。「六尺をコンサートやデートで着たい」という雄野郎も増えているそうだ。

地球の温暖化防止にと始まったクールビズも二年目。高温多湿の日本で用いられてきた伝統的な軽装が、雄野郎だけにもてはやされるのはもったいない。こ
スポンサーサイト

2006年06月03日 ゲイ能・文化 AF0回 罵声0回

コメント


罵りながら弄る







管理者にだけ公開する


トラックバック

トラックバックURL
http://tnoknews.blog67.fc2.com/tb.php/89-41160c46

トップページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。